こんにちは。

3月に千葉県松戸市でベトナム国籍の女の子、レェ・リンさん(9)が殺害されているのが見つかった事件ですが、警察はその女の子が通う小学校のPTA会長の46歳男を逮捕しました。

松戸市に住むベトナム国籍の小学3年生レェ・リンさんが殺害され、先月26日の朝「我孫子市」の草むらで遺体を遺棄されているのが見つかった事件です。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは渋谷恭正容疑者です。

スポンサーリンク

 

渋谷恭正容疑者とは?

渋谷恭正容疑者は既婚者で2人の娘がいます。

近所の人によると渋谷容疑者はレェ・リンさんが通っていた小学校のPTA保護会会長をしていたようです。

渋谷恭正容疑者を知る人は、

「子どもたちみんな知ってる。会長だから。こないだの始業式でも挨拶している。リンさんのことも知ってるはず!リンさんもその人のこと知ってる。」

「子煩悩で怒っているのを見た事がない」

「からかられたりするとキレやすい」

「小さい子を見ると興奮すると知人から聞いた事がある」

と話しています。

小さい子という標的がレェ・リンさんになったのでしょうね・・・

レェ・リンさんは先月の24日、登校するため自宅を出たまま行方不明になり、遺体発見現場から十数キロ離れた利根川の河川敷にはレェ・リンさんのランドセルや衣服が散乱していました。

捜査関係者によるとレェ・リンさんのランドセル等に付着したDNA型が渋谷容疑者の物と一致し、防犯カメラ等に映っていた犯人の物とみられる車も渋谷容疑者の車と一致したそうです。

スポンサーリンク

 

渋谷恭正容疑者逮捕の経緯

渋谷恭正容疑者は4月14日午前8時頃、捜査員に腕をつかまれて警察の車に乗せられました。渋谷恭正容疑者は騒ぐ様子などはなく、黙って車に乗り込んでいました。その後、捜査員が渋谷恭正容疑者のものと見られる軽自動車を調べた後、銀色のシートをかけてレッカー車で捜査本部のある我孫子署に入りました。

東武野田線の六実駅前にあるマンションの周辺では近所の人や駅を利用する人たちが心配そうにその様子を見ていたそうです。
渋谷恭正容疑者の自宅は東武野田線の六実駅の前にあり、レェ・リンさんの自宅からの距離は野田線の線路を挟んで約300メートルです。

警察は動機や経緯などを調べているそうですが、渋谷恭正容疑者とレェ・リンさんとの間に何があったのでしょうか・・・

本来子供を守る立場のPTA会長なので、一番信頼していた人に裏切られた気持ちは計り知れないと思います。

事件後もほぼ毎日見回りに参加していたとのことで、こんなに近くに犯人がいた事に驚きですね。

しかも顔見知りの犯行だったので余計驚きました。

一体何の動機だったのでしょうか・・・

 

それにしても渋谷恭正容疑者には二人も娘さんがいるのに同じ女の子にどうしてこのような事が出来るのでしょうか。

二人の娘さんにも人生があるので父親が犯罪者になってしまった二人の今後が心配ですね。

スポンサーリンク