夏の風物詩、花火大会が全国各地で行われていますね(*^_^*)

こちら九州でも毎年8月13日関門海峡花火大会」が行われています。

今年2017年の8月13日は日曜日ですけど、お盆休み期間に行われるので曜日は関係なくお盆休みがある方は行く事が出来ますね♪

関門海峡花火大会」は関門海峡を挟んで福岡県北九州市門司区山口県下関市と同時に開催される花火大会です。

なので九州からと本州からと同時に花火が楽しめるということなんです!!

本日はそんな「関門海峡花火大会」にスポットを当てて記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

関門海峡花火大会とは?

関門海峡花火大会

お盆を郷里で迎える人たちのため、1985(昭和60)年、財団法人下関21世紀協会によって始められ、今や日本で有数の花火大会のひとつに数えられるようになった関門海峡花火大会。昭和63年からは北九州市の門司区側からも花火が打ち上げられるようになり、日本で唯一、海と県境を越えて共同で開催される花火となりました。両市合同での開催は、今年で30回目を迎えます。

出典元 下関21世紀協会

開催日時: 8月13日(日)

開催時間: 午後7時50分~午後8時40分 ※雨天決行(荒天(台風など)中止)順延なし

開催場所: 

下関側 るかぽーと下関及び22号岸壁(市営細江駐車場前岸壁埋立地)・カモンワーフ・唐戸市場前

門司側 門司港西海岸埋め立て JR門司港駅前すぐ

観客動員数: 海峡花火大会の観客数は門司側で70万人、下関側で45万人(主催者発表)で合計115万人!一日の人出としては全国の花火大会で第2位の観客動員数。観客動員数第1位は「江戸川区花火大会・市川市民納涼祭(東京・千葉)」の139万人

打上玉数:  約15,000

プログラム

19:40 開会式

19:50 打上開始

20:40 打上終了後ステージイベント

門司港駅側会場内図

下関側は大玉打ち上げや水中花火、北九州側では連発打ち上げや音楽花火と見どころ盛りだくさんです!

門司側には「環境整備協力席」と言う花火大会当日に環境整備協力席に協賛するとエリアに格安で花火を観賞することができる席がありますが、すでに定員に達してしまったようですね。

スポンサーリンク

 

花火が観えない場所がある!?

有料席でなくても無料であちこちで観る事が出来ますが、門司港側から観ると跳ね橋が邪魔になって観えない事があります。

跳ね橋

こちらが跳ね橋です。

この橋の近くに場所を確保してしまうと全然観えな~い!っとなる時があります・苦笑

なのでもしここは観えないと判断したらすかさず移動した方がいいですね!

出店で買うならこれがおすすめ!

花火大会の定番の出店ですが、もちろん関門海峡花火大会にも多くの出店が並びます。

私の一番のおすすめは神奈川県厚木市の「シロコロホルモン」ですね。

2008年にB級グルメ大会(第3回「B-1グランプリ」で優勝したほどのおいしいホルモンです。

味噌ダレもおいしいので、丸腸が好きな方は絶対好きだと思います^^

混雑を避けたいなら花火観覧席付きホテル!

年々人手が増えている印象の関門海峡花火大会も出来るなら混雑を避けて花火を観たいものですよね?

花火観覧席付きホテルに宿泊するとそれが可能になります。

プレミアホテル門司港(宿泊者限定特別花火観覧席特典付き)

テラスでゆったり花火が観られるってロマンチックですよね(*^^*)

夕食と朝食も付いているプランもあるので遠方から花火大会に来られる方などは便利ですね!

もちろん近場の方もたまには贅沢にホテルに宿泊してゆっくり花火鑑賞なんていいかも^^

なるべく交通機関の利用を!!

花火大会の当日は交通規制を行っています。

駐車場もほとんどないので会場にたどり着くのも困難かもしれません。

知り合いが「もし車で行くなら新門司の道を通る」とは言っていましたけど、やはり車ではなく公共交通機関の使用を強くおすすめします。

毎年すごい人で移動にも時間が掛かるので余裕を持って行動されたほうがいいですね♪

帰りはJRも大混雑!!

ある程度は予測出来ているとは思いますが、何十万人が一度に移動すると凄い事になります。

私はもみくちゃを経験しているので時間はズラしますが、やはりJRに乗る時はパンパンに押し込められます。

それに電車に乗るまでにどれくらい掛かるの?というくらい駅構内で長い時間並びます。

特に今、門司港駅はなんと改装工事中のですよ(´Д⊂

切符を買っていないともっと並ぶ事になるので今流行りのスゴカとかニモカとか持ってない方は行く時に帰りの分も買って置いたほうが絶対いいと思います。

JRも暑いわ苦しいわで覚悟がいりますよ!小声ですが、夏なので匂いのキツい方が隣だと地獄・笑

ちなみに何度も関門海峡花火大会には行っていますが、一度だけ門司港あたりで食事をして23時頃のJRに乗った事がありますけどその時間はすっからかんでしたよ^^;

 

遅く帰るか早く帰るかで混雑は回避出来ますが、私は最後のメインの花火は門司港駅に向かって歩きながら観る事にしています。

同じ事を考えてる人がいっぱいですけど全部観終わって移動するより若干マシです。

 

しかし何度も言うように門司港駅が改装工事中で予測不可能な混雑具合だと思いますので、行かれる方は熱中症に気をつけながら花火を楽しんできてくださいね♪

スポンサーリンク