アメリカネバダ州ラスベガスコンサート会場で、1日午後10時8分(日本時間2日午後2時8分)アメリカ史上最悪の銃乱射事件が起きてしまいましたね。

これまでに入っている情報は死者59人負傷者500人以上となっています。

犯人は地元の高齢者用の居住区に住む、スティーブン・パドック容疑者(64)ですが、発砲していたホテル内の客室に警官が突入した時点で自殺していたという事です。

スポンサーリンク

 

事件の経緯は?

↓下の画像をクリックすると動画が流れます

ラスベガス 銃乱射事件 現場

スティーブン・パドック容疑者はホテル「マンダレイ・ベイ・リゾート・アンド・カジノ」の32階から約400メートル離れたカントリーミュージックの野外コンサート会場に向けて連続して発砲!

コンサート会場には約2万2000人の聴衆が集まっていました。

警察によると、パドック容疑者はこれまでテロ組織との関連や危険性に関する情報は一切なかったそうです。

事件が起きる3日前からパドック容疑者はホテルに滞在し、ホテルの部屋からはライフルを含む10丁以上の銃が見つかりました。

事件はパドック容疑者の単独犯と見られています。

現地時間2日未明の時点で日本人が今回の事件に巻き込まれたとの情報はありません。

しかしなぜ史上最悪の死者数になったのか?以下の3つの理由があります。

1.会場外からの乱射

2.射程500mの銃

3.32階の高さ

ということですが、コンサート会場では規制が厳しいが、ホテルでは規制はしてないために起きたとの見方もあります。

パドック容疑者の弟のコメントは?

スティーブン・パドック容疑者

スティーブン・パドック容疑者の弟でエリック・パドックさんがアメリカCBSの取材で、

「兄は警察に逮捕されたこともないし、駐車違反だってないと思うよ。もともとそんな事をする人間ではないんだよ」

と答えました。

パドック容疑者はここ数日で1日1万ドル以上ギャンブルに使用していたという事です。

トランプ大統領が会見

トランプ大統領は黙祷を捧げた後、

「極めて邪悪な犯行だ。アメリカは一つになる。我々の絆が暴力によって壊されることはない」

と会見し、現地時間水曜日にラスベガスへ訪問する予定だという事です。

スポンサーリンク

 

ラスベガスってどんなとこ?

ラスベガスは「ギャンブルの街」として知られていますが、近年はショーや買い物を楽しむため、多くの外国人観光客が訪れています。

本来ネオンが綺麗で眠らない街として有名で、ホテルでは無料のショーが見れたりする比較的治安のいい所です。

私も訪れた事がありますが、日本人が夜遅く出歩いても大丈夫なほどでした。

そんな所で事件が起きたなんて・・・

銃を乱射されたら絶対に逃げられません。

パドック容疑者の動機はなんだったのでしょうか?

スポンサーリンク