10月22日(日)夜から23日(月)にかけて超大型で非常に強い台風21号西・東日本に接近していますね。

10月23日(月)には日本に上陸する恐れがある台風21号ですが、その大きさから海外からは「スーパータイフーン」と報じられているようです。

スポンサーリンク

 

台風21号の現在の位置や進路は?

10月22日(日)午後7時現在の台風の位置はこちらです。

 

位置:潮岬の南、約280km 北緯31度0分 東経135度30分

進路方向:北北東 45km/h

中心気圧:945ヘクトパスカル

最大風速:45m/s

暴風域半径:半径280km

強風域半径:西側1300km 東側750km

 

暴風域に警戒を!

台風21号が予報円の真ん中を通った場合、23日(月)の通勤通学の時間帯に台風が首都圏を直撃する恐れがあります。

強い勢力を維持したまま上陸する可能性があるため、風に対する警戒が必要です。

転倒したり飛来物によって負傷する恐れもあります。

屋外の行動は極めて危険ですので早めに帰宅しましょう!

 

雨にも警戒が必要です

●23日6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、東海地方600ミリ、近畿地方500ミリ、北陸地方400ミリ、四国地方・関東甲信地方・伊豆諸島300ミリ、中国地方250ミリ、東北地方180ミリ、九州北部地方150ミリ、九州南部120ミリ。

●24日6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、北陸地方・東北地方200から300ミリ、関東甲信地方100から200ミリ、近畿地方・東海地方・北海道地方100から150ミリ。

スポンサーリンク

 

台風21号は伊勢湾台風並み

今夏の台風21号は、接近時の勢力やコースや気圧配置が戦後最大級の高潮被害をもたらした『伊勢湾台風』に似ていると言われています。

伊勢湾台風

 

伊勢湾台風は1959年9月26日、和歌山県潮岬付近に上陸しました。

東海地方を縦断し、甚大な被害を及ぼしました。

被害の主な原因は東海エリアで発生した大規模な高潮だとの事です。

伊勢湾台風による死者・行方不明者は合計5,000名以上となっています。

 

今夜以降は台風本体の雨雲がかかってくるため、西日本と東日本の太平洋側を中心に局地的には1時間に100ミリの猛烈な雨が降る恐れがあります。

猛烈な雨とは水しぶきであたり一面が真っ白になり、視界が悪くなるほどの雨で、車の運転は非常に危険です。

災害の危険性が一気に高まりますので、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水にも警戒してください。

 

台風21号が離れているこちら福岡でも家が揺れるほどの暴風域に入っていますので、特に関東圏の方は今後の動きに注意して下さい。

 

※追記 国土交通省と気象台によると、台風による大雨の影響で10月23日午前1時ごろ大和川上流の奈良県三郷町付近で氾濫が発生したということです。

国土交通省と気象台は「氾濫発生情報」を発表して厳重な警戒や身の安全の確保を呼びかけています。

スポンサーリンク