台風22号は10月28日(土)7時現在、沖縄県那覇市の南南東約130kmの海上を、1時間におよそ20kmの速さで北に進んでいます。

沖縄本島はまもなく暴風域に入る見込みです。

スポンサーリンク

 

台風22号の進路は?

 

台風22号は沖縄付近で進路を東に変えて日本の南の海上を進む見込みです。

九州南部では大雨に注意が必要です。

こちら九州北部でも暴風域に入っていますので、風が強くなっています。

 

台風21号の影響で大雨となった紀伊半島南部では、土砂災害の発生の恐れがありますので、崖など崩れやすいところには絶対に近付かないで下さい。

スポンサーリンク

 

台風22号の雨量は?

台風22号の北上に伴い、沖縄本島や奄美地方には活発な雨雲がかかり、沖縄・那覇では1時間に34.5mmという激しい雨を観測しています。

雨量予想
(~30日09時、多い所)
・沖縄本島地方、奄美地方
  →150~200mm
・種子島屋久島地方
  →150~200mm
・鹿児島県・宮崎県(特に南部)
  →200~500mm
・四国太平洋側・紀伊半島南部・伊豆諸島
  →150~200mm
・その他の西日本・東日本
  →100~150mm

このあとも沖縄・奄美地方では、暴風雨や高波に警戒が必要です。不要不急の外出は控えた方がよさそうです。

交通機関の影響は?

交通機関にも影響が出ています。

沖縄本島と周辺離島を結ぶ船便は27日、全便が欠航しました。

28日の空の便は、九州や沖縄と全国各地を結ぶ路線を中心に全日空で69便、日本航空で39便の欠航が決まっています。

今後の情報にも注意してください。

スポンサーリンク