速報が入ってきました。

12月7日(木)午後8時半頃、東京江東区の富岡八幡宮で次々と男女刃物で切りつけられる事件が起きました。

事件の後の午後10時過ぎには消防車もあり、手前には警察官が5.6人いたようです。

 

事件の概要は?

東京江東区の富岡八幡宮の周辺で複数人の男女が切りつけられました。

3人は心肺停止で意識不明です。

 

午後8時半頃、警視庁に「刃物を持った人がいる」などと通報がありました。

警察官がかけつけたところ、30代~50代の男女4人が病院へ運ばれました。

4人のうち30代とみられる女性2人と50代とみられる男性1人が意識不明の重体です。

現場には血のついた日本刀やサバイバルナイフが落ちていたという事です。

目撃者は、

・わーっていう叫び声を聞いて男が走っていたのを見た

・看板の下あたり電信柱の横ぐらいのところに人が倒れていた

・倒れていたのは男性一人、後は介抱していた人が何人かいた

・一人しゃがんでいる人がいたような気がする

・最初はケンカと思ったが、一人しか声がしなかった

・若い男の低い声で「おー」という声を聞いた

と語っています。

4人のケガの様子は?

目撃者によると、腕を50センチくらい刃物で切られていて傷は隠されていたけど血だらけだったという事です。

事件の現場は?

東京メトロ東西線「門前仲町駅」から東に500メートルほどの場所です。

スポンサーリンク

4人の身元は?

4人のうち少なくとも2人は富岡八幡宮の関係者で、一人は女性宮司、一人は宮司の男性運転手だそうです。

切りつけたという人物も病院へ搬送された4人の中に含まれてるという事です。

警視庁では病院へ搬送された4人が何らかのトラブルになったとみていきさつを調べています。

 

富岡八幡宮とは?

富岡八幡宮

富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)は、東京都江東区富岡にある八幡神社。通称を「深川八幡宮」ともいう。
江戸最大の八幡宮で、八月に行われる祭礼「深川八幡祭り」は江戸三大祭りの一つ。
また江戸勧進相撲発祥の神社で、境内には「横綱力士碑」をはじめ大相撲ゆかりの石碑が多数建立されている。

出典元 Wikipedia

1年を通して多くの参拝客が訪れる有名な神社のようですね・・・

八月に行われる祭礼「深川八幡祭り」は別名水掛け祭りと言うそうです。

 

それにしても神社関係者でトラブルだなんて初めて聞いたような気がします。

刃物で50センチも切りつけられるなんてゾッとしますよね。

今は情報が炸裂しているようなので今後の続報を待ってみましょう!

※追記

女性宮司と男性は姉弟の関係で、弟が姉と同僚を日本刀で切りつけ、男性と一緒にいた同僚の女性はタクシーの運転手を切りつけたようですね。

こんなに複雑な事件は珍しいですね・・・

スポンサーリンク